「ニキビはうつる」というのは本当か|ニキビ治し方救急サイト

「ニキビはうつる」というのは本当か

思春期から発現し、そして大人になってもいろいろな形で現れるニキビですが、誰にでもあることだからこそ、様々なウワサ話もあるものです。その中のひとつに「ニキビはうつる」というものがありますが、これは本当なのでしょうか。

ニキビができるのはどうしてなのか

ニキビができる理由を知らなければ、この問題の真偽はわかりません。ですから、まずはそのメカニズムを確認しましょう。一般的にアクネ菌と呼ばれる菌が原因と言われていますが、この菌は汗や皮脂をエサとして増殖します。その増殖の際に皮膚や毛穴の内部を刺激して炎症が起こるために赤く腫れあがっていきます。赤くなる前に、白いものが毛穴に詰まりますが、これは皮脂が古い角質と混ざったもので、コメドと呼ばれ、ニキビの前段階のものです。このコメドをエサ場にして菌が増殖することで発生するようになります。よく汗や皮脂が原因であるように言われますが、それだけではコメドができることはあってもニキビにまでは発展しないのです。

他人からうつる心配は無いと思って大丈夫

上記のようなメカニズムで発生するニキビですから、基本的に誰か他者からうつるということはありませんので、心配しなくても大丈夫です。菌というと、感染するようなイメージがありますが、このアクネ菌は人間なら誰しも持っている皮膚の常在菌ですから、あらたに感染するということはありません。むしろ問題視するのは、これが増殖してしまうことで、アクネ菌の増殖を抑えることが予防のカギになります。そのために重要なのが、よく言われる洗顔などの対策となるのです。しっかり洗顔して、汗や皮脂といったアクネ菌が喜ぶ環境をなくしてしまうことが効果的な対策となります。

生活習慣は影響を受けやすいので注意

他者からうつることはありませんが、生活習慣は影響を受けやすいので注意しましょう。特に、大人になってできるニキビは生活習慣と深く関わっていて、この生活習慣は自分で考えているよりも他者の影響を色濃く受けています。たとえば、家族に肌あれがひどい人がいれば、その家族と似たような生活習慣をしていることが多く、その影響で肌が荒れやすくなります。同様に、気の合う親しい友人などからスキンケア情報を得ていたり、よく一緒に行動して食事をしたりしているなら、その影響は生活の中に多く現れていることでしょう。ですから、肌がきれいな人が周囲にいればそれに合わせ、トラブルを抱えた人の影響はなるべく受けないように注意すること、これが大事です。トラブルを抱えた人が集まり、互いに影響を与え合うと「うつって」見えるのです。

まとめ

以上をまとめると、・ニキビはうつらない・アクネ菌の感染の心配はないが、増殖が問題・増殖を防ぐための対策をしっかりすべき・感染はないが、生活習慣は周囲の人の影響を受けるため「うつって」見えることもあるということになります。ケアの参考にしてください。