大人になってから起こる肌荒れの話|ニキビ治し方救急サイト

大人になってから起こる肌荒れの話

青春時代の悩みとして代表的なものがニキビです。思春期はホルモンバランスの乱れや過剰な脂によって肌荒れが起こりやすく、対策をとってもなかなか症状は改善しないものです。大人になってからでも残念ながらストレスや生活習慣の乱れによっておでこや口周りなどにニキビが出来てしまいます。

大人ニキビの原因として考えられること

大人ニキビの原因としては肌の乾燥と古い角質のつまりが挙げられます。肌は大人になるにつれて乾燥しやすくなります。肌が乾燥することで毛穴につまる角質が厚くなってしまいますので、肌荒れが悪化してしまう原因になります。また会社員や主婦の方に多いのがストレスや睡眠不足です。ストレスや睡眠不足によってホルモンバランスが乱れてしまいます。それと栄養バランスも非常に重要になります。外食やコンビニ弁当などで食事を済ませることが多い社会人はビタミンやミネラルなどの栄養が足りずにニキビの原因を作りがちになってしまいます。

大人ニキビの特徴はなんでしょうか

大人ニキビは思春期に出来るものと原因が違いますが、原因以外にも肌荒れがする場所や肌荒れの症状に特徴があります。例えば出来る場所としてはおでこや口周り、あごが多いです。また、ニキビが繰り返し出来てしまう傾向があります。出来てからも治るのが遅く、いつまでも腫れっぱなしということもあります。また、ニキビの外観がカサついているという特徴もあります。これらの特徴に心当たりがある人は要注意です。ただし、このような大人独特の症状にはちゃんと原因がありますので、原因を探しだして対処をすればほとんどの症状が改善します。

大人になって出来る肌荒れの対策を紹介します

大人になって出来る肌荒れの対策はその人の肌荒れの原因に大きく関係しています。ですので、自分の生活習慣を見なおして当てはまりそうな原因を知ることから始めましょう。例えば、前髪がおでこに掛かっている人はおでこには前髪が掛からないようにしたり、ストレスが溜まるお仕事をしている人は、上手にストレス発散をしましょう。ニキビケア商品を使う場合は、保湿力があるものを選んだり、毛穴の汚れを落としてくれる洗顔用品を選ぶことをオススメします。栄養が偏っている人は、足りていない栄養分をサプリメントで補給することも効果が期待出来ます。

まとめ

以上のように大人になって出来る肌荒れには原因と対処法があります。正しい対処が出来れば、肌荒れは必ず良くなりますので安心して下さい。自分では正しい対処法が分からない時は皮膚科に行って医師の診断を受けることも考えましょう。