思春期のニキビの体験談と解決方法|ニキビ治し方救急サイト

思春期のニキビの体験談と解決方法

思春期のニキビといえば、年頃の少年、少女にとっては非常に重大な悩みの一つです。しかし、出来る人もいれば、出来ない人もいます。出来てもすぐ治る人もいれば、ずっと治らない人、跡になってしまう人もいます。これは何が問題なのでしょうか。

ニキビの出来る人と出来ない人の違い

あなたの周りを見てみると、綺麗なつるつるすべすべな肌の人もいれば、ニキビがあったり、跡が残ってしまっている人がいると思います。肌の綺麗な人に、普段どういう風に手入れのケアをしているかを聞いても、特に何もしていないという答えが多いでしょう。私は、寝不足やストレスですぐに出来てしまっていたので、肌の綺麗な人がすごく羨ましかったです。しかし、ある日父と話をしていた時気づきました。ニキビが出来る出来ないは、ある程度は遺伝子によって決まるのです。だから出来るという事実は受け入れましょう。まず、悩みを解決するために、出来てしまうことを受け入れることが大切です。

ニキビが出来る原因はどこにあるのか

ニキビが出来てしまうことを受け入れたら、次はその原因を探りましょう。様々な原因によってニキビは出来てしまいます。それ以前に、思春期というのはホルモンバランスが崩れ、肌が荒れやすい時期なのです。それに加えて、肉ばかり食べて野菜を食べなかったり、夜遅くまで起きていたり、学校でのストレスや、部活動での汗、様々な原因が重なり合ってニキビは量産されていきます。自分の生活を見返してみてください。しっかりと野菜を食べていますか?夜は夜更かしせず、十分な睡眠時間を取れていますか?汗をかいたままにしていませんか?自分の生活による原因を見つけてみましょう。

洗顔などの対策としてのスキンケア

その原因を知ったら、まずそれを改善する努力をしましょう。それでも治らない、次から次へと出来きてしまう。そういう人はスキンケアを見直しましょう。洗顔なんてやっている、という人もいると思いますが、改めて見直すことでそこに問題が発見できるかもしれません。まず、洗顔をする際には、ぬるま湯で顔を洗い、毛穴を開きます。次に、泡を立てるネットでしっかりと洗顔料を泡立てて顔を撫でるようにして、洗い流します。そして、洗い流した後、大切なのが化粧水です。化粧水をすることで、洗顔で汚れと一緒に洗い落とされた潤いを与えることが出来ます。

まとめ

まず、思春期にはニキビが出来るものだと受け入れましょう。次に、普段の生活を見直し、改善してください。それだけである程度は、汚くない肌になるはずです。それにプラスαで、朝と晩に一回ずつ洗顔、化粧水をすることで悩みは解決するころでしょう。