赤くなってしまうニキビの原因と対処法|ニキビ治し方救急サイト

赤くなってしまうニキビの原因と対処法

思春期から大人まで、男女問わず悩まされる皮膚トラブル。顔やデコルテは人の目に触れやすいため、気になりますね。せっかくメイクやお洒落をしても、肌に赤みを帯びたニキビがあると憂鬱になってしまい外出を控える原因にもなりかねません。

皮膚のトラブルが起きやすい部位

ニキビのできやすい部位は、一般的に皮脂の分泌が多い場所と言われています。具体的には、顔の額・こめかみ・頬・顎・口まわりや、デコルテ、背中です。顔は24時間必ず外に出ていますし、初対面の人と会うと、まず顔を見て第一印象が左右されることが多くあります。したがって、皮膚のトラブルは大問題です。女性は特に、皮膚の状態で若くみられたり老けて見えたりと印象が大きく変わりますから、誰もがツルツル肌に憧れますね。デコルテについても、女性らしく鎖骨を見せるような深いV首の洋服を着る場合、ブツブツ皮膚トラブルがあると、ガッカリしてしまいます。皮膚の良し悪しは、他者に与える清潔感にも関連してしまいますから、出来る限り綺麗にしたいですね。

思春期に起きる皮膚トラブルの原因

赤みのあるニキビや、白っぽい小さいニキビ等、種類も部位も様々ですが、原因は何でしょうか。思春期であれば、成長ホルモンが活発になり、皮脂の分泌が盛んになるためです。新陳代謝が良く汗もかきやすいですから、毛穴がつまりやすくなります。良く発生する場所としては、額や頬が多いです。男の子の場合も、男性ホルモンが活発になり、頬や顎まわりにトラブルが起きやすくなります。恋多き多感な時期に、容赦なく起こる顔のブツブツ。「青春の一部」なんて微笑ましく思ってはいられません。一刻も早く治したいと切に願いあれこれするも、なかなか手強い存在です。

大人に起こる皮膚トラブルの原因

大人に起こる皮膚トラブルの原因は複雑です。加齢と共に新陳代謝が悪くなり皮膚のターンオーバーも遅くなります。角質が固くなり、毛穴を塞いでしまうことも。思春期と同様に、皮脂の分泌がうまくいかず、皮膚トラブル繋がることもあります。ただし、この場合は保湿が足りず、肌の乾燥を補うために皮脂が過剰に生成されている状態です。その他には、整理前後のホルモンの影響や出産後のホルモンバランスの崩れも大きなキッカケになります。また、大人といえば、仕事等のストレスも顔の皮膚トラブルに繋がります。睡眠バランスや食生活等、全てのことが皮膚のトラブルに関連していることが分かります。

まとめ

幅広い年代に、様々な理由で発生するニキビ。赤みをもっているものは痛みも伴いますし、治すのに時間がかかり、精神的な苦痛が大きいです。綺麗なスベスベ素肌になるために、自分の生活パターンや身体の調子を見直して、原因に合わせて対処しましょう。