10代にとって大きなニキビの悩み|ニキビ治し方救急サイト

10代にとって大きなニキビの悩み

10代といえば、様々な成長を遂げる時期であります。しかし、思春期と呼ばれるその期間は少しのことを気にして、好きに行動できないということが多くあります。その理由の一つにニキビがあげられます。その原因と解決方法を考えていきましょう。

10代にニキビが出来やすくなる理由

中学に入るまで、また、高校に入るまでは綺麗な肌を褒めてもらっていたのに、という人でも思春期になれば、肌が荒れ始めていきます。その理由の一つとして、ホルモンバランスの乱れがあります。思春期の時期になると、どうしてもホルモンバランスが崩れ、その結果肌が荒れていきます。むしろ、これは当然のことであり、そうならないのは特殊なケース言ってもいいでしょう。それに加えて、学校でのストレスや、夜遅くまで起きていたり、肉ばかりを食べて野菜を食べないなど、色々なことが積み重なって、どんどん肌は荒れ、跡が残ったりするのです。

その解決方法と簡単にできる対策

思春期の肌荒れは原因を改善することで、すぐに治ってしまうこともあるのです。夜遅くまで起きていた人は、早寝早起きを心がけ、肉ばかりを食べていた人は、野菜もしっかり食べてみましょう。たったそれだけでずっと悩んでいたニキビが簡単に治ることも珍しくありません。しかし、それだけで治らないじゃないか、という人も少なくありません。生活習慣を改善しても治らないという人は、次にスキンケアを見直してみましょう。あなたは普段からどのような洗顔料を使い、どのような方法でそれを使って洗顔しているでしょうか。少し思い出してみてください。

正しい洗顔とアフターケアの方法

普段から洗顔をしているという人でも、1日に一回だけしかしない、という人は多いです。ベストな洗顔は、朝起きてからの一回と夜お風呂での一回、1日2回ということです。しっかりと泡立てネットを使って、泡で撫でるように洗います。そして、その後は化粧水や乳液などでアフターケアを怠らないことです。特に男の子は恥ずかしがって、アフターケアを怠りがちですが、これが大切なんです。薬局行って勇気を出して買いましょう。また、洗いすぎてはいけないとよく言いますが、汗をかいてしまったら水だけで洗う方がいいと言えます。洗顔料を使った洗顔は朝と晩、これがポイントです。

まとめ

ニキビがひとつ出来てしまえば、人から見られているんじゃないかと気になって、顔を髪やマスクで隠してしまう人が多いですが、これはハッキリ言って逆効果です。一番大切なことは、気にしないことなんです。ニキビを気にして自由を失うなんて、青春がもったいないですからね。