30代のニキビは原因を突き止めてから治す|ニキビ治し方救急サイト

30代のニキビは原因を突き止めてから治す

10代の頃に出来るニキビは皮脂の分泌が活発なために起こりますが、30代に出来る場合は原因がさまざまなので、まずはそれを突き止めてから対処する必要があります。放っておくと悪化することもあるので、早めにケアするようにしてください。

化粧品が合わないと肌荒れしやすい

30代になっても、20代の頃と同じ化粧品を使い続けている人は多いですが、お肌の状態は年々変わっていくので、肌荒れしやすくなったら見直す必要があります。べたつきやすい肌の人は大人ニキビが出来やすいので、脂性肌用のものを使うようにしてください。皮脂を抑える効果が高いのはビタミンCなので、この成分が配合された化粧品を選んだり、ニキビ専用化粧品に切り替えるとよいですね。炎症を抑える成分などが配合されているものを選べば、赤くなった肌にも効果があります。口コミの評判の良いものを選べば、肌への浸透性が良いので、短期間で綺麗な肌に戻せるでしょう。

毛穴が詰まっているとニキビの原因に

皮脂やほこり、洗い残しの洗顔料などが毛穴の出口をふさいで、皮脂が詰まりやすい状態になると、アクネ菌が繁殖しやすい環境になります。脂性肌ではない30代の方が、乾燥肌でもニキビが出来やすくなるのはこのためなので、なめらかな肌を取り戻すためには洗顔料でしっかり洗って、毛穴のつまりを解消しなければなりません。とはいえ、ごしごしとこすり過ぎると、皮膚への負担が大きくなるので、それほど力は入れないように優しく洗い、その後は化粧水でしっかり保湿することが大切です。お肌が乾燥していると、ニキビ以外のしわやたるみなども起こりやすいので、うるおいを与えるようにしましょう。

食事やサプリで体の中からニキビ対策

30代は仕事や育児に追われる年代なので、ストレスがたまりやすく、そのせいでホルモンバランスが乱れることがあります。ホルモンバランスの乱れは肌荒れの原因になるので、ストレスはためないようにし、夜は早めに布団に入って寝るようにしてください。食生活を見直すことも大切なので、脂分の多いファストフードやスナック菓子などはあまり食べないようにし、ビタミンや食物繊維の多い野菜を食べるようにしましょう。ビタミンB1とB2には皮脂の分泌を抑える効果がありますし、食物繊維には肌荒れの原因と言われる便秘を解消する効果があります。食事だけではうまく摂れないときはサプリメントも利用し、体の中からニキビ対策をすることをおすすめします。

まとめ

30代の人がニキビを改善したいときは、自分に合った化粧品を選び、毛穴のつまりを解消するため、洗顔に注意するようにしてください。ホルモンバランスが乱れていることも原因なので、仕事や育児などのストレスをためこまないようにし、夜は早めに寝ることが大切です。さらに食生活を見直し、ビタミンや食物繊維の多い野菜を食べるようにしたいですね。食事だけでは摂りきれないときはサプリも利用するとよいでしょう。